披露宴アイデア

2007年01月18日

新婦が気にするもの。。。5

披露宴をする会場を決めたら、
まず衣装選び。

そこで、
ドレスを着た自分をみて
『ダイエットするぞー!』

と、決意を新たにする方が多い。

一生に一度の結婚式。
どうせなら、綺麗でいたい。

痩せるには。。。

wedding_counsellor at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年05月14日

披露宴の進行

こだわって、

あれもやりたい。
これもやりたい。


披露宴って、一生に一度だからこそ、
夢が膨らんでしまうカップルが少なくありません。


あの演出がやりたい、とか。

ドレスも和装も着たい、と
ファッションショー状態になったり、とか。


参列するゲストのことを忘れてませんか?


私が提案すると、
披露宴の進行が、とってもシンプルになります。

参考までに、お話しますと。。。
続きを読む

wedding_counsellor at 22:35|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2005年05月12日

招待客の意識で、披露宴は劇的に変わる!

堂上昌幸さんのブログにも紹介されていましたが、
招待客の意識が、披露宴を盛会に導く、という意見。

まさに、その通りです。
(堂上さんをご存知ない方へ 著作を参考になさってください)


ウエディング・プランナーという仕事―ブライダル業界のすべてがわかる


けっこんしき感動計画―ウエディングプランナー奮闘記


本日の記事で書かれていたように、

意外なところで、
新郎の意識がとても重要
なんです。

新郎が、すごく協力的なカップルの披露宴。


スタッフである私が、泣いてしまう披露宴は
たいてい、こういったカップルですね。


(泣いてはいけないと、常にこらえているので
今までに泣いたことは数える程度ですが。。。)


だって、主催者であるはずの
新郎が協力的じゃなかったら、
招かれているゲストだって、そんな感動しないですよ。


「別に、感動させることが目的じゃない」

そうかもしれません。

だったら、披露宴の目的って、何でしょう??


一度、カップルで話し合ってみたほうがいいですね。

wedding_counsellor at 19:37|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2005年05月10日

披露宴の招待客について

今日、お客様と打ち合わせがありました。

招待状印刷の申し込みを承ったんです。


で、そのときに、印刷部数の話になり、、、


お客様:「印刷部数なんて分からないよね。」

私:「どうしてですか?」

お客様:「だって、呼ぶか微妙な人って、他の参列者の出欠次第じゃない?」

私:「、、、。(ここで改めて気づく)」


何に気づいたと思います?


人数合わせで、呼ぶゲストがいる、という事実。


呼ばれたほうは、迷惑ですよね?


ですから、私が申し上げたのは、

「本当に祝福して欲しい方のリストアップをして、
招待状の印刷部数を決めましょう。」

と、いうことです。



自分が、人数調整で招かれた披露宴。

新郎新婦を祝福できますか?
(だって、元々親しくないケースがほとんどですよね。)


言い方がきついかも知れないですけど、
そういった、”冷めたゲスト”が1名でもいると
披露宴の雰囲気が、温かなものになりません。

今までの経験から、断言しちゃいます。


なので、これから会場を探し始める方へ
ひとつアドバイスを。


本当に祝福して欲しい人を
リストアップしてから、会場を選びましょう。

親戚中心なのか、友人中心なのか。
ゲストは近場の方か、遠方から来る方が多いのか。

そして、何より
お招きするゲストが楽しんでもらえるか??
お招きしたいゲストの笑顔を想像してください。


その上で、会場を探すと
自分たちにピッタリの会場が見つかります。

wedding_counsellor at 01:15|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!

2005年04月21日

何かを創る、ということ

先日のブログでもちょっと書きましたが、

うちの会場がリニューアルします。

 

突然ですが、、、

流行を追いかける、というのは私は嫌いです。

 

何のつながりもないように思われるかもしれませんが

ちょっとだけ、お付き合い下さい。

 

 

ブライダル関係で、リニューアルというと、

お客様の心を惹きつけるために

必要な、特効薬だと思っている関係者が

とても多いのに気づきます。

 

ブライダル業界は、今、

激動の時期なのかもしれません

(どこの業界でもそうかもしれないですね)。

 

 

結婚するカップルも減少し、

さらに挙式、披露宴を行わないカップルが増えている。

 

そんな中、ブライダル業界に新規参入する会社が

増え続けている。

 

需要と供給のバランスが、明らかにおかしいんです。

 

需要=カップルの数

供給=ホテル・式場・レストラン・プロデュース会社の数

    (各会場で披露宴会場がたくさんあるので、それこそ星の数。。。)

 

 

だからこそ、

「お客様の心を惹き付ける為に何かが必要だ」

 

これは、その通りでしょう。

 

でも、

「惹き付ける為に必要=リニューアル」

ではないと思っています。

(きっかけにはなると思いますが)

 

例えになるかは分かりませんが、

「彼に振り向いてもらうために、整形する」

 

と言うのと

「彼に振り向いてもらうために、手紙を書く」

 

とでは、どちらの女性が魅力的でしょうか?

 

 

この一文だけでは、判断できないとは思います。

でも、これは、今のブライダル業界をよく表していると思います。

 

 

振り向いてもらうために整形(=リニューアル)してしまったら、

もう整形し続けるしかないんです。

 

そして、整形したアナタに望むものは、

表面的な美しさしかありません。

 

チャペルがきれい、独立型ハウス、

ガーデンでデザートビュッフェ。。。

 

どれも、素晴らしいですよ、もちろん。

 

 

ただ、その表面しか見ていない人には

スタッフであっても、

新郎新婦であっても、

ゲストであっても

 

心に残るウェディングにはなりません。

これは、今までたくさんの披露宴を見てきて、

感じてきたことです。

 

 

 

これだけ偉そうなことを言っていますが

うちもリニューアルします。

 

表面的には、流行を追いかけているように

見えるかもしれません。

(冒頭とやっとつながりました。)

 

 

うちのリニューアルは、

設備の老朽化が最たる理由です。

リニューアルというより、リフレッシュに近いです。

 

表面的なリニューアルは、しません。

だって、お金ばかりかかってしまうから。

 

結婚式場も会社である以上、利益が必要です。

お金がかかることばかりをしていたら、どうなるか。

倒産するか、値上げをするかです。

 

値上げは、できるだけしたくないです。

適正価格で、新郎新婦も、ゲストも、そして我々スタッフも

全員が満足し、楽しめるようにしたいんですよね。

 

 

私がふと、感じたことです。

正直、甘い考えかもしれません。

でも、書かずにいられませんでした。

 

コメント、賛同、批判、なんでも結構です。

ご意見お待ちしています。

 


wedding_counsellor at 16:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2005年01月23日

お互いを思いやる

披露宴に入っていて、たまに感じることがあります。


それは、


『ここにいるゲストは、新郎新婦のことを心から祝福しているのだろうか?』


と。


また、同時に


『新郎新婦は、今日お集まりのゲストをもてなす気持ちがあるのだろうか?』


と。


披露宴の良し悪しは、


ゲストが新郎新婦を祝福する気持ちと、


ゲストを大切にする新郎新婦の想い。


 双方の気持ちの強さで決まります。



wedding_counsellor at 22:41|PermalinkComments(1)TrackBack(1)clip!

2005年01月16日

おもてなしの心

今まで、たくさんの披露宴を見てきました。


心に残っているのは、


やはり『ゲストへのおもてなし』の気持ちが伝わってくる披露宴


 最初から、『おもてなしの心』を大切にしているカップルに会うと、


なんだかこちらまで楽しくなります。


嬉しくなって、だんだんワクワクしてきます。


そして、力になりたいって心から思うようになります。


新郎新婦も、ゲストも、そして会場スタッフも人。


会場スタッフは、一定の品質でサービスしなければならないけれど、


それでも、大好きなカップルに対しては気合の入り方が違います


 別にスタッフに気に入られようとしないでくださいね。


ただ、人と人の付き合いの中で、


スタッフと新郎新婦がお互いに信頼できる関係だったら、


きっと、あなたの披露宴は大丈夫。


すごく抽象的ですけど、とても大切なことだと思います。



wedding_counsellor at 22:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年01月15日

久しぶりに披露宴を担当しました!

今日、自分が担当したお客様の


披露宴会場に入らせていただきました。


 やっぱり、こういったお祝いの席はいいですね。


皆さんの笑顔が素敵です。


たまたま、お二人のご新居が、


私の自宅からわずか車で5分の距離。


これからもいいおつきあいが出来そうでワクワクしています。


久しぶりに披露宴会場に入って感じたこと。


それは、歓談時間の大切さです。
分かりやすく申しますと、フリータイム。


自由にお話したり、
新郎新婦と写真を撮ったりできる時間です。


この時間がない披露宴、けっこうありませんか?


歓談時間がしっかりある披露宴は、
ゲストの満足度が高いです。


なぜなら、ゲストがいちばんやりたいのは、


 □新郎新婦と話したい
 □新郎新婦と写真を撮りたい


からです。


ここを読んでいて、これから披露宴の進行を考えるカップルが
もしいらっしゃったら、歓談時間をしっかり組み込んでくださいね。
前半で10分、後半で10分くらいあると、かなりお話できますよ。


ただ、お招きする人数や、会場のスタイルにもよりますので、
各会場のスタッフと相談してくださいね。


間違っても、間が持たないなんて思わないでください。
カラオケ・スピーチの連続だとゲストが退屈しちゃいますよ。。。



wedding_counsellor at 19:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!