2005年05月

2005年05月06日

手書き文字作品です

0893c88c.jpg家族の名前から、一文字ずつピックアップして
絵と合わせてみました。

似顔絵を描く人はいるけど、

文字で想いを伝えるパターンはまだまだ少ない。


こんなの、いかがでしょう?

wedding_counsellor at 23:19|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!気づき 

2005年05月01日

”想い”のパワー


突然ですが、


誰にでも、


好きな歌ってありますよね。


 


自分が好きな歌って、
どうして好きなのか
考えたことありますか?


私の場合、
たいていは


その曲に想い出がつまってるんです。
いっぱい、いっぱい、詰まってるんです。
ぎゅーっと。


昨年7月に挙式をあげた
カップル(ゆっくん&のりちゃん)から
教えてもらった、ウルフルズの曲が
私にとって、大好きな曲のひとつです。


 善かれ悪かれ言いたいことを全部言う
 気持ちいい風を魂に吹かす


 今はどの辺りだろう 
 どの辺まで来ただろう
 僕の人生の今は何章目くらいだろう



 アホな冗談で涙流して笑う
 屁みたいな歌を大きく歌う


 今はどの辺りだろう
 どの辺まで来ただろう
 僕の人生の今は何章目くらいだろう


 朝が
 昼が
 夜が
 毎日が
 それぞれにいとおしい


 君が
 彼が
 アイツが
 誰かが


 それぞれにいとおしい


 
 何気ない その笑顔を
 頼もしい ヤツの声を
 変わらない この心を
 とめどない あの涙を


 忘れたい 昔のこと
 ゆずれない 初恋のこと
 分からない あの出来事
 しょうもない 昨日のこと


 叫びたい デカイ声で
 つかみたい 力ずくで
 遊びたい 一晩中


 眠りたい 君の横で


 
 いつまでも 図々しく
 どこまでも 明日は続く


 ラララララ、、、、


 


   (♪僕の人生の今は何章目くらいだろう/ウルフルズ)


BESTだぜ!!←このアルバムの18曲目です)


この曲をBGMにして、
パソコンのスライドショーを製作されたんですよ。


挙式後にお会いする機会があって、
そのスライドを見せていただきました。



見ていて、当日を思い出しました。


気づいたら、泣いていました。


 


ゆっくん&のりちゃんは、
名古屋で最後に担当したカップル。
(私の小冊子にも、感想をお寄せくださってます)


すごく明るく楽しい方で、
一スタッフにすぎない私にも
ほかのスタッフにも気配りされる、
温かい方です。



打合せも毎回楽しみでした。


お会いして、お話すると


仕事でありながら、
親友と話しているような。
そんな方です。



きっと、この方の周りには
思いやりのある方ばかりなんだろうな。
って感じました。


 


実際、披露宴は
すごく楽しく、温かいものでした。


私が担当した100組近くの中でも
ダントツです。



こういう、楽しい、温かい披露宴に
なることは、最初から分かっていましたが。。。


 


ここだけの話ですが、


初対面で
そのカップルの
当日の披露宴のイメージが出来ちゃいます。


そして、
そのイメージどおりに、なります。



思いやりのある方の披露宴は
ゲストも、思いやりのある方ばかりで、
披露宴の雰囲気もやわらかいというか、
和む雰囲気になります。


 


(もちろん、その逆もありますが
ここでは詳細は差し控えます)



新郎新婦の”想い”が
披露宴を創り上げる最大の要因です。


間違いない。



流行の演出とか、
会場の造りとか、


はっきり言って、無関係です。


事実、ゆっくん&のりちゃんは
そうでした。


まだ、自分のところで
披露宴をしてくれるか
分からない段階
(会場選びの段階)
から、


”このふたりの披露宴を創りたい!”


って強烈に思いましたから。


はっきりと、イメージできたんです。



当日の会場が。雰囲気が。
ゲストの笑顔が。



こういう話をしていくと、
結局、どんな業種でも、当てはまるんですよねぇ。



”想い”は、何よりもパワーがある。
そう思いませんか?


 



wedding_counsellor at 21:04|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!同志