2005年04月21日

何かを創る、ということ

先日のブログでもちょっと書きましたが、

うちの会場がリニューアルします。

 

突然ですが、、、

流行を追いかける、というのは私は嫌いです。

 

何のつながりもないように思われるかもしれませんが

ちょっとだけ、お付き合い下さい。

 

 

ブライダル関係で、リニューアルというと、

お客様の心を惹きつけるために

必要な、特効薬だと思っている関係者が

とても多いのに気づきます。

 

ブライダル業界は、今、

激動の時期なのかもしれません

(どこの業界でもそうかもしれないですね)。

 

 

結婚するカップルも減少し、

さらに挙式、披露宴を行わないカップルが増えている。

 

そんな中、ブライダル業界に新規参入する会社が

増え続けている。

 

需要と供給のバランスが、明らかにおかしいんです。

 

需要=カップルの数

供給=ホテル・式場・レストラン・プロデュース会社の数

    (各会場で披露宴会場がたくさんあるので、それこそ星の数。。。)

 

 

だからこそ、

「お客様の心を惹き付ける為に何かが必要だ」

 

これは、その通りでしょう。

 

でも、

「惹き付ける為に必要=リニューアル」

ではないと思っています。

(きっかけにはなると思いますが)

 

例えになるかは分かりませんが、

「彼に振り向いてもらうために、整形する」

 

と言うのと

「彼に振り向いてもらうために、手紙を書く」

 

とでは、どちらの女性が魅力的でしょうか?

 

 

この一文だけでは、判断できないとは思います。

でも、これは、今のブライダル業界をよく表していると思います。

 

 

振り向いてもらうために整形(=リニューアル)してしまったら、

もう整形し続けるしかないんです。

 

そして、整形したアナタに望むものは、

表面的な美しさしかありません。

 

チャペルがきれい、独立型ハウス、

ガーデンでデザートビュッフェ。。。

 

どれも、素晴らしいですよ、もちろん。

 

 

ただ、その表面しか見ていない人には

スタッフであっても、

新郎新婦であっても、

ゲストであっても

 

心に残るウェディングにはなりません。

これは、今までたくさんの披露宴を見てきて、

感じてきたことです。

 

 

 

これだけ偉そうなことを言っていますが

うちもリニューアルします。

 

表面的には、流行を追いかけているように

見えるかもしれません。

(冒頭とやっとつながりました。)

 

 

うちのリニューアルは、

設備の老朽化が最たる理由です。

リニューアルというより、リフレッシュに近いです。

 

表面的なリニューアルは、しません。

だって、お金ばかりかかってしまうから。

 

結婚式場も会社である以上、利益が必要です。

お金がかかることばかりをしていたら、どうなるか。

倒産するか、値上げをするかです。

 

値上げは、できるだけしたくないです。

適正価格で、新郎新婦も、ゲストも、そして我々スタッフも

全員が満足し、楽しめるようにしたいんですよね。

 

 

私がふと、感じたことです。

正直、甘い考えかもしれません。

でも、書かずにいられませんでした。

 

コメント、賛同、批判、なんでも結構です。

ご意見お待ちしています。

 


wedding_counsellor at 16:54│Comments(2)TrackBack(0)clip!披露宴アイデア 
パソコン・周辺機器
家電・AV・カメラ
CD・DVD・楽器
おもちゃ・ホビー・ゲーム
/(楽天ブックス)
ダウンロード /音楽配信
イベント・チケット予約
ビジネス見積
マネー・教育・サービス
ファッション・アパレル・靴
バッグ・小物・ブランド雑貨
ジュエリー・腕時計
キッズ・ベビー・マタニティ
インテリア・寝具
キッチン・日用品雑貨・文具
不動産・引越し
スポーツ・アウトドア
ゴルフ用品 / ゴルフ場予約
食品・スイーツ
ドリンク・お酒
ワイン
ダイエット・健康・介護
美容・コスメ・香水
花・園芸・エクステリア
ペット・ペットグッズ
車・バイク
車用品・バイク用品

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 望月まもる   2005年04月25日 00:46
ブライダル業界は「想い出」産業だと思います。
表面的な「絢爛豪華さ」を求めるカップルは・・・
それはそれで多いのかもしれないのですが、
僕はその手の「体裁」を気にした結婚式は
「・・・・」と、なってしまいます。

僕は箱根神社で挙式をあげました。
で、前日から「近所の高級旅館」に親戚一同引き連れて
ドンチャン騒ぎ。

未だ語り草になる位、
かなり喜ばれたし、自分達も凄く楽しかったので
とっても良い「想い出」が脳裏に刻まれてます。

「眼に見えない部分」ってすっごく大切だと思うんですよね。

「ハート」無き商売は「笑売」になれません。
支持します!!
頑張って!!
2. Posted by 佐藤伸博@管理人   2005年04月25日 06:46
ありがとうございます。

望月さんが、ご親戚を想う姿が
想像できます。


語り草になる披露宴。

私もいくつか創りましたが、
共通しているのは
”ゲストを想う”ということ。
そして、
”とことん創る”ということ。


これから準備をするカップルには
そうしていただけると、うれしいです。

でも、これって、
とことんやらないといけないから
面倒くさがりのカップルや
新婦だけ盛り上がってるカップルなんかだと
絶対、いいものにならないんですよね。。。

そういうカップルに
”その気になってもらう”のが
一番大変なのかも。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔